発電シミュレーション

すぐわかるお家の未来エネルギー

発電量シミュレーション

※本シミュレーションは、現在”片流れ”屋根の発電量計算のみに対応しております。

Q1.お住まいのエリアは?

お住まいのエリアを選択してください

お住まいの都道府県を選択してください

Q2.設置する屋根は?

屋根の傾斜を選択してください

屋根の方位を選択してください

Q3.設置される枚数は?

建坪もしくは太陽電池モジュールの設置希望枚数を入力してください

シミュレーション結果

シミュレーション条件

太陽電池モジュールはCS3L-375MSを使用し、パワーコンディショナの変動効率は96%として算出しています。

太陽電池モジュール枚数は{{ panelNum }}枚で、{{ panelPower }}kWです。

シミュレーション結果

年間推定発電量

{{ totalResult }} kWh/年

年間推定発電量は換算すると・・・

  • 石油なら約{{ oilLiter }}リットル(18L入灯油缶){{ oilVolume }}本に相当します

  • スギの植樹なら約{{ sugi }}本に相当します

  • CO2の削減量なら{{ co2 }}kg-CO2に相当します

注意事項

■本シミュレーションは、発電量を保証するものではありません。気象条件、周囲環境、条件などにより発電量は変動しますので目安量としてお使いください。

■電力会社の遠隔出力制御、抑制分は考慮しておりません。

■国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構発行、全国日射量データベース【MONOSOLA-11】を用いて算出しています。

■太陽電池容量はJIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュール公称最大出力の合計値です。

■素子温度上昇による損失・・・7~20%(月による)、その他の損失(配線・回路ロス等)・・5%を含む数値です。推定発電電力は最大でも太陽光発電システム容量の70~80%程度になります。

■JPEA(太陽光発電協会)「表示ガイドライン(2021年度)に基づき、太陽光発電システムのCO2削減効果は、0.3995Kg-Co2/kWh、石油の削減量は0.227L/kWhとして算出しています。

■スギの木は、林野庁のホームページを参考に1本14kgのCO2を吸収するとして算出しています。

ご興味のある方は、
販売店へお問い合わせください。